TEL.03-4590-9816 OPEN.10:00~22:00

可愛いワガママ!?ワガママな女性が愛される理由

2018.06.20

可愛いワガママ!?ワガママな女性が愛される理由

ワガママにも、可愛いワガママとそうでないワガママがあるようです。
ワガママに可愛いなんてあるのと思いがちですが、可愛くワガママが言える女性は愛されます。
可愛いワガママとそうでないワガママの違いについてご説明します。
交際クラブ・デートクラブをご利用の女性の方も参考にしてみてくださいね。

<<可愛いワガママって何?>>

●「帰りたくない」
デートの別れ際で、彼女が言う「帰りたくない……」という可愛いワガママ。
これを言われた彼は、胸がキュンとしてしまいそうです。
ただ、言うだけはOKでも本気で帰そうとしない行動に出ると、ただのワガママになってしまいます。可愛いワガママですむかどうかは、そのあたりのサジ加減が必要です。

●「抱きしめて」
突然彼女が言ってくる、「抱きしめて」の一言。
これなども、彼がうれしく感じる可愛いワガママのひとつでしょう。
ただ、このセリフを言う場合は、人目を考えてください。どこでも、場所を選ばずに言われると彼は困ってしまいます。

●「迎えにきて」
終電に乗り遅れたらしく、彼女から「迎えにきて!」とのお願いコールが入ります。
「しょうがないな……」と思いながらも、彼は車を飛ばして迎えに来てくれるでしょう。
しかし、飲み会で頻繁に終電を逃す彼女に対しては、いつか怒りがバクハツするかもしれません。気軽なタクシー代わりにしないように気をつけましょう。

●「これ、持ってほしい」
重たい荷物を持っているときに、「これ、持ってほしい」と彼女が言えば、彼はすぐに持ってくれるでしょう。
彼が荷物を持ってくれたら、「ありがとう!」と感謝の言葉を忘れないようにしましょう。
重たい荷物を長時間彼に持たせて、長い買い物に付き合わせたりすると、「二度と一緒に行きたくない!」と思われてしまいそうです。

●「あなたにしか頼めない」
ほかの誰でもなく、「あなたにしか頼めない」と言われるとガゼンやる気になれるみたいです。
しかし、しょっちゅう頼られると、「ほかのヤツにも頼めよ……」と言いたくなります。
彼の得意な分野の依頼か、重要な内容のお願いにしてください。

<<ワガママな女性が愛される理由>>

●意見がハッキリしている
一般的に、ワガママを言うのは良くないイメージがありますが、可愛いワガママは恋愛のほど良い刺激になることがあるようです。
ワガママな女性が愛される理由ですが、自分の意見がハッキリしていることでしょう。
何を考えているかわからない女性は、男性を疲れさせます。ワガママを言えるぐらいの性格のほうが、魅力的に映るのかもしれません。

●頼られるのがうれしい
男性には、女性に頼られるとうれしいという心理があります。
自分が何かしてあげた相手に好意を抱くようになると言われます。
手間のかからない女性よりも、面倒な彼女のほうが愛されることもあるでしょう。

●なんとなく憎めない
ワガママな女性には、なんとなく憎めないところがあるようです。
ワガママがキャラクターとして許せる人がいます。
ワガママひとつ言うにしても、そこそこの愛嬌が必要ということでしょう。

●思い通りにならない
多くの男性には、「この女性を支配したい」という本能があります。
征服欲のある男性にとって、思い通りにならない女性は魅力的に映るようです。
多少手こずるぐらいのほうが、付き合いがいがあるのでしょう。

●飽きがこない
恋愛にとってマイナスなのは、お付き合いがマンネリ化してしまうことです。
ワガママな彼女を持っている男性は、たびたび新鮮な驚きを受けるようです。
その結果飽きることなく、ふたりの交際は長続きします。

ワガママが似合う人

ワガママな女性の魅力について、おわかりいただけたでしょうか?
「あんなワガママな女が、なぜモテるのかわからない!?」と言う人は、恋愛がわかっていません。
ほれた上でのワガママであって、好きでもない相手のワガママなど許せるものではないでしょう。ワガママは魔法のようなもので、その恋が終わってしまったら魔法は解けてしまいます。
それまで通用したワガママが通じないとすれば、相手の気持ちが冷めたか、その恋が終わったときです。

可愛いワガママといっても、どの程度のワガママが通じるかは相手によります。ワガママは、相手を見て言うようにしてください。
なかには、ワガママが一切通用しないという男性もいますから、そのような男性はワガママを言いたい女性向きではありません。女性のほうも、ワガママが似合う人とそうでない人がいます。
可愛いワガママが似合いそうなキャラクターがありそうです。しかし、ある程度は訓練しだいで可愛いワガママを身につけることができますから、方法を知っておくぐらいでも損はなさそうです。

最初からワガママを全開で付き合うのではなく、小出しにして相手の許容量を確かめてください。相手に包容力が足りないと、少しのワガママにも「手に負えない……」と根をあげられます。
そのような包容力が足りない男性は、ワガママな女性向きではありません。ワガママを言ってるうちに相手が慣れてくることも考えられるので、組み合わせしだいです。

可愛いワガママにも限度がありますから、くれぐれも人のいい彼を振り回しすぎないように気をつけましょう。
交際クラブ・デートクラブをご利用の女性の方も可愛いわがままで、パパの心を揺さぶってみてくださいね。

TEL.03-4590-9816OPEN.10:00~22:00 お問い合わせ