TEL.03-4590-9816 OPEN.10:00~22:00

気持ちに余裕のある年配男性はモテる

2020.06.08

若い男性とは違い、交際クラブ・デートクラブに登録している年配の男性は、容姿だけで女性からモテるとは限りません。
女性は容姿だけではなく、男性の行動や言動などもよく見ていることが多いのです。
普段からよく怒る人や、人任せにしてばかりの年配男性は交際クラブ・デートクラブでも嫌われてしまいます。
気持ちに余裕があり、誰にでも優しく接することができる人がモテる場合が多いでしょう。
気持ちに余裕がる人は心がおおらかなので、すぐに怒ることもありませんし、相手のよい点を見ることもできるのです。

気持ちに余裕があると他人にやさしくできる

交際クラブ・デートクラブで好かれる年配男性の特徴は、まず気持ちに余裕があることだといっても過言ではありません。
気持ちに余裕がなければ、相手のよい点をしっかりと見ることはできません。
自分のことに精いっぱいで、周りが見えないようでは女性から好かれることはないでしょう。
ただし、気持ちに余裕があるとは言っても、のんびりしすぎている、怠けているというわけではありません。
やるべきことはテキパキとこなし、周りにもしっかりと目配りができることを指します。

周りをしっかりと見ることができるので、相手の女性がどのような人なのか、どのように接すると喜んでくれるのかもわかるのです。
もちろん初対面で全てを知ることはできませんので、まずは会話から始める必要があるでしょう。
気持ちに余裕がある人は、会話にも特徴が表れてきます。
自分とは違う意見を持っている、好みが異なる女性であっても、相手を尊重できる場合が多いでしょう。
逆に気持ちに余裕がない人は、自分と意見が違うとすぐ口調が強くなります。

ちょっとしたことで怒りやすくなりますし、表情も険しくなるので、女性から見れば近づきたくない、関わりたくないと思うのが当然です。
心にゆとりがあれば、何より他人の意見を聞くだけではなく、優しく接することができます。
例えば会社に、仕事は出来るけれどすぐ怒る怖い上司と、仕事も出来て部下にも優しい上司がいたら、どちらと親密になりたいと考えるでしょうか。
大半の人は仕事ができて優しい上司と親密になりたいと考えるでしょう。
もちろん交際クラブ・デートクラブであってもそれは同じことです。
よって女性に好かれたいなら、気持ちに余裕を持つことが大切なのです。

いざというときに頼りになる

気持ちに余裕のある男性は、いざというときに頼りになると考える女性もたくさんいます。
これも女性からモテる理由の1つですが、いざという時に頼りになると言っても、腕力が強い、弁舌に長けているという意味ではありません。
会社であれば、誰かがミスをしたときでも冷静に対処してくれる、トラブルが発生した時でも感情的にはならず、正論で対処できるという意味です。
特に会社では人間なのでミスの発生は日常的にありますが、気持ちに余裕のない人は、失敗を人のせいにする、自分だけ逃げようとする傾向にあります。
会社は個人で仕事をしているのではなく、グループで仕事をしているので、連帯責任となるのが普通です。
そんな時でもリーダーシップを発揮して、冷静に素早く対処できる男性がいたら、女性はこの男性を尊敬するでしょう。
気持ちに余裕があると、何か予期せぬ事態が発生した場合でも、冷静に対応できることが多いのです。

誰かが言い争いをしていても、巻き込まれるのが嫌で関わり合いにならないようにする人が多い現在ですが、会社内であれば放置しておくわけにはいきません。
特に上司であれば絶対に止めに入る必要がありますが、この時にどちらか一方を悪者にする人は、周りからよい目で見られることはないでしょう。
逆に双方の意見を聞き、穏便に済ませられるように対処できる人の方が、周りからは尊敬されます。
このような対処ができる人の多くが、気持ちに余裕がある人なのです。
一緒に仕事をしている仲ではなくとも、そのような振る舞いを普段から心がけていれば、たとえ交際クラブ・デートクラブのデートでも相手の女性には気持ちに余裕のある人だと伝わることでしょう。

誰にでも平等に接する

大人の余裕を持ち合わせている人は、誰とでも平等に接する人が多いのも特徴でしょう。
相手によってへりくだったり傲慢になったりするケースも少ないので、周りからも嫌な目で見られる心配もありません。
よく見かけるのは、トラブルになった時に相手が怖そうな人であればすぐに謝り、相手が気の弱そうな人の場合には傲慢不遜になるパターンです。
会社でも上司や取引先の偉い人が相手だとへりくだり、部下や後輩には威圧的な態度を取る人も、周りからは嫌な目で見られます。

これは自分の立場を守ろうとしているに過ぎません。
大人の余裕がある人であれば、悪い点はしっかり悪いと言える、自分が悪い点はしっかりと謝罪し反省するでしょう。
ただし、社会に出れば上下関係もあります。
そのため、後輩や同期と同じような口調で上司や取引先の相手と話す場合とは違います。
目上の人や取引先の相手にはきちんと敬語を使い、部下や後輩には普通の言葉で話すのは当たり前のことです。

誰にでも平等とは言っても、きちんと自分の立場はわきまえる必要があります。そうしないと逆に常識のない人だと思われるでしょう。
心に余裕があれば、相手を見下して自分を誇示することも、強い相手に媚びるようなみっともないこともしないで済むでしょう。
このような男性に対して、交際クラブ・デートクラブに登録されている女性も好意を持つ傾向にあります。特に年齢を重ねている男性であれば尚更です。

TEL.03-4590-9816OPEN.10:00~22:00 お問い合わせ