TEL.03-4590-9816 OPEN.10:00~22:00

パパと素早く簡単に仲良くなれる方法

2019.06.12

今回は交際クラブ・デートクラブに登録している男性会員と素早く仲良くなる簡単な方法について紹介していきたいと思います。

なかなかパパと仲良くなれない女性もいる

なかなか仲良くなれないで、ずっとパパと距離が縮まらないという女性が存在します。
連絡先を交換して何回もデートをするような関係になって2ヶ月くらいの交際期間になったとしても関係が進展しないという人もいます。
そこで女性に考えてもらいたいのは現在、男性を取り巻く社会情勢が厳しくなっていて、どこまでがOKでこれ以上すると問題になってしまうというラインを見極めることが難しいため、なかなか積極的になれない男性というのが増えているのです。
ですから、女性としては”踏み込んできて大丈夫ですよ”というメッセージを男性の方に送ってあげることが仲良くなるための第一歩だと考えます。
それではどのようにすればいいのかということは交際クラブ・デートクラブを利用している女性の中で太客のパパと楽しくパパ活をしている人たちがやっていたテクニックとしては、二人で並んで、自撮りをするだけでいいのです。
これが何がいいのかと言うと、写真をとれば人というのは記憶に残るわけですよ。

男性の気持ちになって考えてみる

ハイクラスの交際クラブ・デートクラブは圧倒的に女性会員が多いので、男性会員は多くの女性と交際を行っていきます。
例えばAさん、Bさん、Cさんと3の女性と交際していた時に、Bさんとだけ2ショットを撮ったとします。
そしたらやっぱり男性というのはBさんのことを強く、思い出に残すものなのです。
たとえそれまではAさんやCさんも同じような好感度だったとしても、写真を撮ることにより私たちは仲がいいんだなという風に錯覚してくれるわけです。
ですから、できることは何でもやった方がいいのです。
そもそもパパ活で失敗することなんて、小さなことなんです。
大きな話になってしまいますが、別に死ぬわけじゃないわけですから、パパ活に限らず多くの失敗は全部かすり傷なわけです。
失敗は、人生の中でみんなやっていることなのです。
たとえ名医と言われるお医者さんであっても、1回も失敗したことはなかったということはないでしょう。
ですから、あなただけが失敗をしているわけではなくて、失敗に対し、何のアクションもしないこと自体が太客のパパを逃してしまっていることになっているかもしれないのです。

そのため、男性へ印象を残したいのであれば男性と一緒に写真を撮るということを絶対にお勧めします。
私のパパ活を例に挙げると、一人目のパパも、二人目のパパも結構写真撮るのが好きだったんですよね。
それも、私だけの写真を撮るのが好きで、私がカメラを意識しない自然体な写真を撮るのが好きだったようです。
私はそれに気づき、今度は二人で写真を撮ろうかと提案をしてみました。
そういう風に軽い気持ちで男性を誘ってみると、良いと思います。
もちろん、あまり仲良くなってもいないのに、自分が意識していない時にシャッター音がすると、少し不安にもなります。
だからこそなんとか一緒に写真に収まるようになりました。
一緒に2ショットを撮るのは女性に結構忍耐が必要なことかもしれません。
しかしシャッター音がして、「何で写真撮っているの?」と問い詰めるよりも、「私だけ写真に写るの嫌だから、一緒がいいよ!」という感じで誘った方が、そのパパとの関係が切れません。
しかももしかしたら、そのパパが太客になってくる可能性が出てきます。

一緒に写真に写るようになったら、何かを食べている楽しそうな笑顔とか、風景を見ている時の後ろ姿とか、そのような何気ないデート中のシャッターチャンスをしっかりと残していけば、男性も女性も相手に対して気持ちが上がっていくと思います。
やっぱりおちゃめに振る舞うとか、自分のことを目立つように印象付けるということは大事なわけです。
二人で一緒にピースをしている写真だったり、にっこりしているところだったり、乾杯をしているところだったりすると、やっぱり交際クラブ・デートクラブは男女に出会いの場ですので、仲を深めていきやすくなるのです。

パパ活は大胆な行動が大事

このようなことを解説すると「パパ活をしている時の写真は嫌だな」と躊躇する人もいるかもしれません。
しかしながら、これまで説明した通りに大胆な行動をとって、同じような立場にいる人たちの中から一歩抜け出して行かなければ、太客の男性は見つけることができません。
そして、仮に2ショットの写真を見られて知り合いから「あれ?これは誰と撮った写真なんですか?」ということを言われても、別に動揺する必要はありません。
「あ~、その人ね。あんまりよく覚えていないけど撮ったような気がするかな?」とか「一緒に撮りましょうって言われたから、撮っただけですよ」という風に堂々としていればいいのです。

TEL.03-4590-9816OPEN.10:00~22:00 お問い合わせ