TEL.03-4590-9816 OPEN.10:00~22:00

初デートで女性にドン引きされたくない男性必見!嫌われる3タイプとは

2019.10.29

好きな人、または気になる人とのデートはとっても緊張しますよね?
学生の頃など青春時代に人生で初めてのデートを経験した方は多いかと思います。その時は最高潮に緊張して、思う事も上手く話せず相手にとても気を使ったなんて記憶が蘇りそうです。
ですが大人になると、色々な人や環境との関わり方などから昔の自分を知っている人が傍から見るとだいぶ変わったと思うようです。
交際クラブ・デートクラブの男性でも気になっている女性との初デートは是が非でも成功させて次のデートやステップに進みたいものですよね?
女性がどんなことでドン引きしているのか、代表的な3選をご紹介致します。

自分の思い通りにしたい男性

これはその人の元来の性格が強く関係している気もしますが、とにかく自分の思い通りにならないと嫌なタイプです。
デートのプランは自ら計画してくれますが、そのプランに「変更可」というのは一切受け入れてもらえません。自由時間のようなものは存在せず、きちっと進行表に沿って行動することが基本です。
本人には悪気はなく相手との時間を大切に過ごしたいが故に計画しているのですが、何せ変な責任感が強く出ます。この手のタイプはイレギュラーに弱いので、臨機応変な対処が苦手な結果頑なに自分の立てた予定を遂行することに必死になるのでしょう。
例えばトイレに掛ける時間すらも制限してくるなんて事も!?
そうです、相手の事を思って楽しいデートを楽しみたいという当初の目的から大幅にずれてしまうのです。なので相手の話を聞いているようで実は聞き流してる状態…次に行動すべきタイミングばかり気にしていて相手との心の歩幅は全くかみ合うことはなく「楽しくない」と思わせていることに気づかないのです。
彼なりに一生懸命やってるつもりですが、一体何のためにデートすることになったのかその意味を問いたくなります。初デートでなくても、このタイプの男性のデートはお断りです。
相手を思いやる気持ちの定義がよく分からず、ドン引きされてしまうのです。

ケチでせこい男はお断り

デートというとその費用の負担額は男性の方が少し多めというイメージがまだまだ根強いでしょうか?性別で差別をしている訳ではありませんが、男性が少しカッコつけるとかレディーファースト的な意味合いで初デートは男性が食事代を全額負担するのは良く聞く話です。
ただし、そんな紳士的な男性ばかりではなくケチでせこい男性も当然います。初デートなのに、そんな姿を見せられたら女性は即帰りたくなりますよね。
このタイプは女性におごるなんてことは一切しません。タダで貰えるような、街頭で配られているティッシュもデートなんてお構いなしに自ら受け取りに行くでしょう。あわよくば「一緒に貰いに行こうよ」と声を掛けられる可能性も…。
食事をした所が会計別にできないような場所では、相手に一円単位までもちろん出すように促します。そこで端数分を持ち合わせてなくて面倒だと感じる女性は、多めに自分が支払うと言い出してしまうのです。悪びれた様子もなく「悪いね、少し奢ってもらっちゃったみたいで」なんて男らしさの欠片もない返しをしてきます。
相手にそんなことを言わせる、させる男性って幻滅対象です。
次のデートにもステップにも繋がりません。
また、やたらと値切る男性も嫌なのものです。付き合いの長いカップルなら値切る彼の姿に何とも思わないのかもしれませんが、それは付き合いが長いからこそのものであって、初デートでやたらと値切るのはご法度どころか、男性の器の小ささに女性がドン引きです。
少しはカッコつけるという気持ちを持って初デートに挑むべきでしょう。

何がしたいのか分からない男性

デートの日にちが急に決まるってあまりないと思います。特に初デートなら他の予定との兼ね合いもあるので、事前にデートの日程を決めるでしょう。
予め予定されていたのに、当日にノープランでやってくる男性!いるんですよね。その場の流れで動けばいいという適当な考えの持ち主なのでしょうか。
待ち合わせて合流すると最初に出る言葉は「じゃあ、どこ行こうか?」です。
相手の希望に沿って行き先を決める気なのかと思いきや、いざ希望を述べると「そこ、この前行ったばっかり何だよね」とか「ん~今日は休日で混んでそうじゃない?」や「今はイタリアン食べる気分じゃないんだよね」と自分から人に振っておいて、ダメ出しをしてきます。
待ち合わせ場所で、あーでもないこーでもないと延々やり取りが続くので次第に女性はイライラがマックスになります。
ただの優柔不断な男性も困りますが、このタイプはプラス否定的な意見で相手をイラつかせ無駄な時間を過ごしている間に「じゃあ、あんまり行きたいとこもないし軽くお茶でもする?」と雑なデートを遂行させようとしてきます。
気分屋的な要素も大いにあるので、いつ気持ちがコロッと変わるか分かったものじゃありません。
ほんとに何しに時間を割いたのかわからないです。

まとめ

初デートでなくてもドン引きされる要素が満載の男性像でした。恋人として付き合いたいという気持ちが全く見受けられません。そんなことはない、自分は相手の事をいいなと思ったからデートしたいと思ったと言い返されそうですが、なかなか自分が気づいていないだけで女性がドン引きするのも無理ないと思います。
この手のタイプはみな人の意見を聞き入れないのでデートがいつもうまくいかないのです。交際クラブ・デートクラブの男性の皆さんも特に女性との初めてのデートの時は恋愛マニュアルの通りに動くほうが、まだドン引きされないでしょうね。

TEL.03-4590-9816OPEN.10:00~22:00 お問い合わせ